韓国 地下鉄
(イメージです。)
1:2017/01/15(日) 21:02:38.83 ID:
2017年1月13日、韓国・聯合ニュースによると、朴槿恵(パク・クネ)大統領即時退陣と早期弾劾決定などを要求する第12次キャンドル集会が開かれる14日、ソウル市は地下鉄の増便と終電延長などの対策を行う。

ソウル市は、「土曜日のキャンドル集会に参加する市民の安全を確保し、不快感を解消するため、交通・安全・快適への対策を用意した」と明らかにし、ソウル光化門広場とソウル市庁近くの地下鉄出入口の階段と手すり、通気口周辺などに224人の安全要員を配置して事故がないように管理する。また、救急車10台をはじめとする消防車両23台と救急隊員など消防士158人が待機し、救急患者の処置や病院搬送状に備える。さらに、光化門広場周辺に移動トイレ2施設の設置と、民間・公共建物のトイレ210カ所も確保して当日開放する。ソウル市庁本館1階ロビーと市庁清渓別館ロビーは迷子の保護・忘れ物申告・救急安全案内所として運営する。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「この件は、憲法裁判所と特別検察官にまかせて、集会はもうやめにしよう」
 
「もうやめにして、国の将来を考えよう」

「太極旗(韓国国旗)集会(キャンドル集会へ対抗する弾劾反対集会)は無視するくせに、キャンドル集会はフルサービスか」
 
「キャンドル集会だけ、なぜこんなにサービスするのだ?」

「こんな集会に金を使うな。『李石基(イ・ソッキ)(元統合進歩党の幹部。内乱陰謀や国家保安法違反容疑で逮捕。統合進歩党は2014年12月19日に大韓民国憲法裁判所に強制解散を宣告され解党)解放』のための行進曲合唱を強要されるキャンドル集会は左派の扇動だ。これに惑わされず、太極旗集会に参加すべき」

「今年は『ソウル広場スケートリンク』(冬季限定でソウル市庁前のソウル広場に開設)がない」
「キャンドル集会は本来の意味を失っている」

「集会主催者側の資金もそろそろ底をつき、キャンドル集会に積極的に参加する人数も減ってきている。こんな集会を支援するために予算の無駄遣いをしないでくれ」
 
「ソウル市がキャンドル集会をあおっている」
 
「税金でキャンドル集会を扇動するのか!」
 
「大韓民国は市長が集会を奨励するような国」
 
Record china 配信日時:2017年1月15日(翻訳・編集/三田)
http://www.recordchina.co.jp/a158776.html