29
(動画からです。)
1:2017/01/14(土) 14:44:01.73 ID:
「時間さえ与えられれば永遠にいることもできる」。マーク・リッパート駐韓米国大使(44)が13日、ソウル貞洞(チョンドン)大使官邸で行った外交部記者団との告別記者会見で述べた言葉だ。リッパート大使は「韓国にいる間、新鮮で驚くことが多かった」とし、このように語った。

2014年10月に赴任したリッパート大使は、トランプ氏が大統領に就任する20日に米国に戻る。リッパート大使は記者会見中、5、6回ほど涙ぐんで言葉に詰まった。特に、韓国語で「襟だけかすめても縁」と述べた後、「韓国の国民から私たちは深い感動を受けた。皆さんの明るい未来を見るために必ずまた韓国に帰ってくる」と約束する時は涙を浮かべた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000010-cnippou-kr
中央日報日本語版 1/14(土) 14:08配信
 
=管理人補足=

excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
離任リパット米大使"韓米同盟最強…韓国記憶すること" /聯合ニュースTV (Yonhapnews TV)
2017/01/13に公開
 
[アンカー]
来週帰国すると見られるマーク リパット駐韓米国大使が記者会見を行って韓国生活に対する所感を明らかにしました。
韓国人の歓待と友情を常に記憶するとして何回も涙声で話したりもしました。
チョ・ソンヘ記者です。

[記者]
帰国が予定されたマーク リパット駐韓米国大使は対北朝鮮共助と韓米日3角協力強化を在任中成果で先に挙げました。

[マーク リパット/駐韓米国大使]
"韓米同盟はいつの時より丈夫です。 変化を導いて不一致を扱うことができるメカニズムもかたいです。 韓米関係の新しい一頁を書いていかなければなりません。"

次期トランプ行政府スタート以後韓米同盟が挑戦に直面するといっても"韓米同盟はこれを扱う能力がある"と強調しました。

満41才であった去る2014年最年少駐韓米国大使で赴任したリパット大使は韓国人に身近なイメージを植え付けたという評価を受けます。

韓国で生まれた二人の子供にセジュン、セヒという韓国式名前をつけたし、ファンたちと共に野球競技を観戦して疎通する姿を見せました。

[マーク リパット/駐韓米国大使]
"ヒョン私たちの家族の半分が(子供2人)韓国で間生まれました。 これは私たちの家族の歴史を韓国と強く結びつけました。"

2015年3月被襲事件でも"皆さんの熱い声援を経験した"として"歓待と善意、友情を常に記憶するだろう"と話しました。

このような韓国生活を思い出させて何回も惜別の涙を見せたりもしました。
リパット大使は韓国語で"襟だけかすめても縁"と話して韓国との再会を約束しました。

[マーク リパット/駐韓アメリカ大使]
"襟だけかすめても縁."

聯合ニュースTVチョ・ソンヘです。