29
(動画サムネイルです。)
1:2017/01/11(水) 12:03:48.69 ID:
2017年1月10日、韓国・YTNによると、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像の問題をめぐり日韓間の対立が激化する中、韓国の日本大使館に駐在している自衛隊の武官らが、韓国の国会議員数人との接触を試みていることが分かり、その背景に関心が集まっている。

駐韓日本大使館に勤務する陸海空自衛隊所属の1佐3人が先週、韓国の国会国防委員会所属の議員らに面談を要請したことが分かった。

慰安婦像設置への対抗措置として日本政府が駐韓日本大使を一時帰国させた当日に面談の要請を受けた議員もいるという。

日韓間の対立が激化していることもあり、議員室の多くは確答を避けたが、一部の議員はすでに面談の日取りを決めたという。

これについて、一部では「慰安婦像の問題が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)にまで影響を与える可能性を懸念し、議員との接触に乗り出したのではないか」と指摘する声が出ている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。
 
「この際日本とはバイバイしよう」

「日本のわなにはまり、また屈辱外交をすることにならないか心配だ」

「慰安婦合意もチェ・スンシル(パク・クネ大統領の友人で国政介入事件の中心人物)の作品でしょ?スンシルが所有するドイツのビルを売り、日本に10億円を返すべき」

「なんか嫌な予感がする。戦争しようということか?」

「面談を許可した売国奴議員の名前を公開して。韓国国民はその議員らを日本政府の代理人として断罪する」

「慰安婦像の隣に安倍首相がパク大統領に10億円を渡している像を建て、後代の歴史の教訓にしてもらおう」

「韓国の現在の敵は北朝鮮と中国。慰安婦像は博物館にでも保存し、日本とは敵国ではなく友邦国になるべきだ。今は日本との関係改善が必要な時期」
 
2017年1月11日(水) 11時50分
http://www.recordchina.co.jp/a160683.html
 
管理人補足=
当該のニュース動画かと思われます。ご参考までに。


google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
[単独]日関係、少女像葛藤の中、国会接触...背景関心/ YTN(Yes!Top News)
2017/01/10に公開
 
[アンカー]
「少女像」の問題で、日本との対立が大きくなっている敏感な時期に日本大使館に記載されている自衛隊所属の関係が私たちの国会議員、複数の人に面談を要請してきたことが確認されました。

特に、在日本大使が本国召還決定が下されたその日にも面談申請をしたことが知られながら、別の意図があるではないか関心を集めています。
 
イソナ記者が単独報道します。

[記者]
日本関係者が会おうとする議員は、主に国会国防委員会所属のです。

セヌリ党ペク・スンジュ、国民の党キム中道で議員に、19代のときに国防委であったが、今では、他の常任委のあるギムソンチャン議員などに連絡が行ったことが知られました。

これらとの出会いを希望する日本関係は陸海空自衛隊所属大佐3人です。

少女像葛藤が触発された状況で議員室のほとんどは、明確な答えを与えてはいないが、いくつかの議員は議論のスケジュールを握ったと伝えられました。

日本大使館側は年末年始や設定に際してのあいさつ関係が軍出身の議員を訪ねたりするとし、拡大解釈を警戒している。

しかし、釜山少女像の問題で議論が起きている時に、国会を訪問しようとしたという点で、単なる偶然の一致ではないように見えます。

また少女像に抗議した日本政府が在日本大使を召還したまさにその日の面談を申し込まれた議員もいることが分かりました。

一部では、日韓間の葛藤に浮上した少女像の問題が韓日軍事情報保護協定にまで影響を与える可能性を懸念し、日本関係者が事前に国会議員の接触に出たではないかという指摘も提起されます。

このように敏感な時期に日本関係者たちの国会議員を相手に大量に接触を試みながら、単純な挨拶次元を越えて、別の意図があるのではないかという議論が予想されます。

YTNイソナ[leesa@ytn.co.kr]です。