chrysanthemums-511689_640
(イメージです。)
1:2017/01/10(火) 10:16:56.18 ID:
去る週末に朴槿恵(パク・クネ)政権の退陣を求めるろうそく集会で焚身して、治療を受けていたチョンウォン僧侶(ソ某さん・64歳)が2日後に死亡した。

警察などによれば、チョンウォン僧侶は9日の午後7時40分頃、ソウル大学病院で死亡診断を受けた。ソウル大学病院は火傷による多臓器不全が死因だと説明した。

チョンウォン僧侶は7日、朴槿恵大統領の退陣を求めるろうそく集会が終わった午後10時30分頃、鍾路区(チョンログ)景福宮(キョンボッグン)前の光化門(クァンファムン)市民ヨルリン広場で焚身した。

チョンウォン僧侶焚身抗拒非常対策委員会は、「“焼身供養でろうそく市民に力を与えたい”という、僧侶の遺志を敬う」と明らかにした。

非常対策委員会によれば、1977年に海印寺(ヘインサ)に出家したチョンウォン僧侶は1980年の光州(クァンジュ)虐殺に抵抗する仏教弾圧共同対策委員会の一員として活動し、1987年6月の抗争にも参加した。

ソース:NAVER/世界日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=022&aid=0003134390 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】「内乱事犯、朴槿恵を逮捕しろ」 光化門の近くで僧侶が焚身!慰安婦合意にも不満 ⇒2ch「坊さんでこのレベルなんだもんなあ…」(2017/01/08)