59d68228ea9e264844948ccb88047549_s1
(イメージです。)
1:2017/01/08(日) 18:44:16.25 ID:
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170108001100882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

【ソウル聯合ニュース】
 
 韓国の柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官は8日、「中国、日本のと外交問題が経済的影響を与えるのではないか」との見方を示した。国会で開かれた与野党の政策委員会議長との政策協議会で述べた。


 韓国の市民団体が釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像を設置したことへの抗議措置として、日本が通貨交換(スワップ)の取り決め協議を中断したことなどを踏まえた発言とみられる。

 また、柳氏は「米国の利上げやトランプ新政権の保護貿易主義強化など経済をめぐる国内外の環境は厳しい」と強調した。

 内需回復については「勢いが弱い」とした上で、冷え込んだ経済心理の改善に向けた努力が必要だと述べた。