panels-1293175_640
(イメージです。)
1:2017/01/03(火) 19:06:55.07 ID:

日本版GPS強化へ ことし3機の人工衛星打ち上げ

政府は、人工衛星を使って位置を正確に測定する日本独自のシステムを強化するため、ことし新たに3機の人工衛星を打ち上げ、4機体制で運用を始めることにしていて、自動車の自動走行など新たな技術分野への活用が期待されています。

人工衛星を使って位置を正確に測定するシステムとしては、アメリカ政府が運用するGPSが世界的に普及していますが、日本も平成22年に準天頂衛星「みちびき」を打ち上げ、日本版GPSと呼ばれる独自のシステムを運用しています。

政府は、このシステムを強化するため、ことしの春から秋にかけて、新たに3機の衛星を順次打ち上げることにしていて、来年4月からは4機体制で運用を開始することにしています。

政府によりますと、4機体制になることで、アメリカのGPSよりも正確な位置情報が24時間得られるようになるということで、自動車や農作業用のトラクターなどの自動走行や災害時の詳細な被害情報の把握など、新たな技術分野への活用が期待されています。

政府は、アメリカのGPSに依存しないシステムの構築を急いでいて、今後も衛星を打ち上げ、平成35年度からは7機体制による運用を目指しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170103/k10010827871000.html