1:2017/01/03(火) 18:17:33.74 ID:
殺処分の様子


高病原性鳥インフルエンザがほぼ全国的に猛威を振るい、史上最悪の被害が出ている韓国で、感染が確認されてからの48日間に殺処分された家禽(かきん)類が3000万羽を超えた。

韓国の農林畜産食品部は3日午前0時までに、鶏2582万羽やアヒル233万羽、ウズラなど218万羽の計3033万羽が処分されたと発表した。

このうち鶏の被害は最も深刻で、飼育されている採卵鶏全体の32.1%が殺処分になった。

ただ、この1週間、感染疑いの通報件数が1日2件を超えず、感染拡大は沈静化しつつあるとみられる。

聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/01/03/0800000000AJP20170103001600882.HTML