korea-929490_640
(イメージです。)
1:2017/01/02(月) 09:21:55.03 ID:
 1日、東海(日本海)上空で韓国海軍の哨戒機が、計器の操作ミスのため魚雷や対艦ミサイルなど武器6発、計40-50億ウォン相当(約3億9000万-4億9000万円)を海に落とすという事故が起こった。韓国海軍は「この事故による海上の民間船舶への被害はないと見られる」とコメントした。

 韓国海軍によると、1日午前6時10分ごろ、東海で哨戒任務中だった海上哨戒機P3K(写真)の乗員が「武装非常投下スイッチ」を誤って押した。このスイッチは、哨戒機がエンジントラブルなど危険な状態になった際、緊急着陸に先立って積んでいる全ての爆弾などを捨てる時に使うもの。

 このため、同機に搭載されていたハープーンミサイル2発、魚雷2発、対戦爆弾2発が江原道襄陽の東60-70キロの海上に落下した。当時、事故海域からおよそ9キロ離れた場所で漁船1隻が操業していたが、被害はなかったという。

 韓国海軍の関係者は「投下された海上兵器は、起爆装置が作動しない状態で落ちたので、爆発の可能性はない。現場に哨戒艦・救助艦などを投入して武器を探している。元日から恥さらしな事故が起きて、国民の皆様に申し訳なく思うと共に、こうした事故が再発しないよう万全を期したい」と語った。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/02/2017010200381.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】海上哨戒機が誤ってハープーンミサイルなど6発を海に投下!海軍は「爆発の可能性はない」と説明 ⇒2ch「年明け早々笑わすなよwww」(2017/01/01)