1:2016/12/31(土) 22:28:20.39 ID:
8a8ad3d6.jpg
▲釜山(プサン)の日本総領事館前慰安婦少女像設置を報道するNHKニュース映像.(c)NHK

日本政府が釜山の日本総領事館前慰安婦少女像設置に抗議して撤去を要求した。

日本NHKによれば30日、日本政府は国際法上ウィーン協約を取り上げ論じて韓国政府に少女像撤去を要求した。ウィーン協約第22条は「各国政府は外国公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するために適当なすべての措置を取る特別な責務がある」と規定している。

日本政府はソウルの駐韓日本大使館と釜山の日本総領事館前慰安婦少女像設置がウィーン協約と韓日慰安婦問題合意に背くとし両国関係にも悪影響を及ぼすという主張だ。

杉山晋輔、日本外務省事務次官は駐日韓国大使館に電話して「少女像設置は韓日慰安婦協議に反することで非常に残念」とし、「日本公館の安寧を阻害して韓日関係にも望ましくないだろう」と抗議した。

日本政府は昨年12月の韓日外交長官会談で慰安婦問題の'最終的で不可逆的な解決'に合意し、韓国政府が少女像撤去のために適切な努力を約束したことを前面に出して少女像撤去または移転を要求している。

しかし、韓国政府は慰安婦少女像について民間団体が設置したものなので政府が強制的に撤去できないという立場だ。また、少女像が日本公館の業務を邪魔したり直接的な脅威を加えるのではないため、ウィーン協約に背かないという反論もある。

これに先立って釜山東区庁は韓日慰安婦問題合意1周年の去る28日'未来世代がたてる平和の少女像推進委員会'が日本総領事館前に設置した慰安婦少女像を強制撤去し非難世論が激しいと少女像設置を許容するよう立場を変えた。

日本メディアは「世論の圧力に韓国政府や地方自治体は無力だ」として「韓国では特に日本と関連した懸案については国際条約や合意より国民感情が絶対的に優先される」と説明した。
 
(記者注:韓国の慰安婦問題関連でウィーン条約に言及した記事は現在この記事のみ)

ソース:オーマイニュース(韓国語) 日本"釜山(プサン)少女像、ウィーン協約背反"撤去要求
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002275451
 
=管理人コメント=
今年最後の更新となります。
本年も皆様に支えて頂き、感謝しております。ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。