9456
(イメージです。)
1:2016/12/30(金) 08:59:16.88 ID:
 中国外務省で戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)問題を担当してき陳海アジア局副局長は、韓国外交部(省に相当)が思いとどまるよう言ったのにもかかわらず一方的に来韓し、政財界関係者と接触していたことが29日、分かった。この行動について、「来年の韓国大統領選挙を念頭に置き、国内でTHAAD反対世論を高めようとしているものではないか」との見方も出ている。

 駐韓中国大使館などによると、陳海副局長は26日から30日までの予定で韓国を訪れている。野党「国民の党」の朴智元(パク・チウォン)前院内代表ら政界関係者やSK・サムスンなど大企業関係者、メディア関係者らと会ったが、韓国外交部とは協議をしていない。

 外交消息筋は「韓国外交部は『来年初めごろの来韓がいいだろう』との考えを示したが、中国側は一方的に日程を決めた。THAAD問題に関連してある種の『水面下の行動』を取っているものと見られる」と語った。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/30/2016123000444.html