146864
(イメージです。)
1:2016/12/29(木) 11:03:01.92 ID:
http://s.japanese.joins.com/article/073/224073.html?servcode=A00&sectcode=A10

韓国与党のセヌリ党離党派で構成された「改革保守新党」が、その最初の論評を通じて韓日慰安婦合意に追加協議が必要だという立場を示した。

同党の張済元(チャン・ジェウォン)報道官は28日、国会で会見を開き、「韓日慰安婦交渉は国対国の条約や協約ではないので追加協議が必要」と明らかにした。

張報道官は「傷を癒やす金が重要なのではなく、懺悔と真の謝罪が伴わなければならない」とし「追加協議は当事者の納得と受容が必須」と伝えた。