1:2016/12/27(火) 21:06:13.42 ID:
▲韓日外交長官'軍隊慰安婦談判'妥結[聯合ニュース資料写真]
 
▲少女像に献花する日本人[聯合ニュース資料写真]

(東京=聯合ニュース)
 
韓日政府の軍慰安婦問題合意から28日で1年になる。韓国では早期大統領選挙の可能性が議論される状況で野党の大統領候補を中心に再協議論が浮上しており、日本政府は「両国国民だけでなく、全世界に向かって明確に約束したこと」と合意履行を強調し、今後論議される可能性が低くない。


昨年の合意当時、日本側は「慰安婦問題は当時、軍の関与の下、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題で、責任を痛感する」という立場を明らかにした。象徴的事業として慰安婦治癒事業に10億円を支援した。韓国政府もこれを受け入れ、ユン・ビョンセ外交部長官と岸田文雄外相は韓国外交部で共同記者会見を開き「慰安婦問題は不可逆的、完全に解決されるだろう」と宣言した。

慰安婦合意1年をむかえて日本側の和解・治癒事業支援は履行された。日本側は相変らずソウル日本大使館前にある慰安婦少女像移転を要求している。表面的には慰安婦合意後、特別な異常兆候は見られない。しかし、日本政府は最近になって韓国側が慰安婦合意を白紙化しないだろうか心配していることが分かった。

これは昨年、慰安婦合意当時も韓国内で反発が相当あり、この様な状況でパク・クネ大統領が国会によって弾劾訴追され政局掌握力が急速に弱まったことと無関係ではない。日本政府は韓国の政局展開状況によって早期大統領選挙が行われる事もあり、現在の有力候補らの大部分が慰安婦再協議を掲げた点を憂慮している。

日本政府報道官スガ・ヨシヒデ(菅義偉)官房長官は27日の定例ブリーフィングで「韓国の内政が紛らわしい中、野党候補が再協議を要求している。憂慮されるのでないか」という質問まで飛び出した。これについて菅長官は「内政問題についてはコメントしない」としながらも慰安婦合意については「両国政府が各々責任を持って確かに履行することが重要だ」と強調した。

特に彼は「今回の合意は昨年、両国長官が両国国民だけでなく全世界に向かって明確に約束したもの」、「安倍晋三総理とパク大統領の間でも最終的かつ不可逆的に解決されたものと確認したこと」とし、'履行'を強調した。菅長官が全世界に対する約束を強調したのは韓国野党の再協議論に釘を刺すための布石として受け入とられる。

日本メディアも韓国国内状況を憂慮する雰囲気だ。毎日新聞はこの日「韓国野党で合意再検討論が提起され、日本政府が警戒強化している」と伝えた。朝日新聞も「パン・ギムン、ムン・ジェイン、イ・ジェミョン、アン・チョルスなど有力次期大統領候補の中でパン国連事務総長以外は再協議を要求している」と紹介した。それと共に「野党が政権を取ったら日本政府も再協議をずっと拒否できるのか」という国民の党関係者の発言も伝えた。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 慰安婦合意1年…韓国内'再協議論'に日"全世界との約束"(総合)
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/12/27/0200000000AKR20161227057051073.HTML