1:2016/12/27(火) 16:12:50.73 ID:
http://s.japanese.joins.com/article/000/224000.html?servcode=200&sectcode=200
3c95aabd.jpg 
崔順実(チェ・スンシル)被告の娘チョン・ユラ氏がドイツで現地検察の身柄確保などに備えて弁護人を選任していることが分かった。

韓国メディア「聯合ニュース」は27日、ドイツ海外同胞社会と現地消息筋の言葉を引用し、チョン氏が最近、韓国特別検察官チームの強制送還手続きの着手およびドイツ検察の捜査に備えて、現地弁護人から法律諮問を求めていると報じた。

チョン氏が犯罪人引き渡しなどに反発して法的対応に出る場合、送還に関する決定が数カ月ないし1年以上遅れる可能性があると同メディアは伝えた。

また、この日放送されるMBC(文化放送)の調査報道番組『PD手帳』はドイツで崔被告とチョン氏の資金流用の実体を集中取材した内容を扱う。

MBC制作陣によると、ドイツ南部の高級ホテルでチョン氏の痕跡が見つかった。このホテルの宿泊名簿にチョン氏と推定されるイニシャルが残されており、先月30日に10人余りの韓国人一行がこのホテルに滞在していたことが分かった。

また、今月15日にフランクフルトのブランド通りでチョン氏とドイツでの執事として知られているデービッド・ユン氏が現地の海外同胞によって目撃されている。

一方、韓国特別検察官チームは同日、インターポールに対してチョン氏の赤手配書の発行を要請することにした。