1:2016/12/22(木) 20:12:50.31 ID:
クリスマスから新年にかけての大型連休を前に主食のコメの価格が急騰しているナイジェリアの当局は21日、中国から密輸されたプラスチック製の偽米、計102袋を押収し、容疑者1人を逮捕したと発表した。

問題の「プラスチック米」を食べるのは人体に有害だと警鐘を鳴らしている。

匿名でAFPの取材に応じた同国最大都市ラゴス(Lagos)の税関幹部によると、この「プラスチック米」は19日にラゴス州イケジャ(Ikeja)で押収された。中国から海路でラゴスに密輸されたとみられるという。

プラスチック米が50キロ入った袋には「ベスト・トマト・ライス」との商品名が記載されていたが、製造年月日は明記されていなかった。

イケジャ地区の税関責任者モハメド・ハルナ(Mohammed Haruna)氏は、押収したプラスチック米を分析した結果について「炊くと、のり状になった。人が食べたらどうなるのかは、神のみぞ知ることだ」と話したという。

ナイジェリアは主食であるコメの生産増をかかげ、外国産米の輸入を禁じている。しかし、国内では急速に進むインフレの影響でコメ価格が急騰。

コメ50キロの店頭価格は約2万ナイラ(約7500円)と、1年前の2倍以上に跳ね上がった。11月のインフレ率は、高騰する食料価格に押し上げられて18.5%に達し、13か月連続で上昇している。

(c)AFP 2016年12月22日 13:09 発信地:ラゴス/ナイジェリア
http://www.afpbb.com/articles/-/3112154

ナイジェリアとの国境付近にあるチャド・バガソラの難民キャンプで米を炊くナイジェリアの難民