12352
(イメージです。)
1:2016/12/17(土) 20:55:17.15 ID:
17日付の韓国紙・朝鮮日報などによると、朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件で、特別検察官チームは、サムスングループの事実上のトップを務めるサムスン電子の李在鎔副会長ら一部の財閥首脳に対し、出国禁止措置を取った。

サムスンは、崔被告らが大統領府の後押しで設立した二つの財団に対し、財閥の中で最大規模の200億ウォン(約20億円)以上の資金を提供。さらに、崔被告がドイツで設立した会社にも、多額の支援を行っていた。

検察から捜査を引き継いだ特別検察官チームは、サムスンが系列社の合併に関して、大統領府の支援を得る見返りに、財団などに出資した疑いがあるとみている。ただ、李副会長は6日に開かれた国会の聴聞会で、賄賂性を全面否定している。

時事 (2016/12/17-10:10)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121700119&g=int