5884651
(イメージです。)
1:2016/12/17(土) 16:58:03.60 ID:
ドリームニュース12月14日(水)12時0分

夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 中村利江、大阪府大阪市)が運営する、出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、「鍋の出前」に関するアンケート調査を実施いたしましたので、その結果をご報告いたします。(12月3日~5日実施 N=207)

(中略)

「鍋を出前で注文できればいいな」と思っている人の割合は6割以上に上り、消費者が手軽に鍋を食べたいという傾向にあることがわかります。内訳としては、「すき焼き」(33%)の出前をして欲しいという声が一番多く、次いで「もつ鍋」(29%)、「キムチ鍋」(12%)となっております。「すき焼き」は、鍋の中では、比較的、調理に手間がかかります。そのため、他の鍋に比べて、出前でより手軽に食べたいという思いが現れているのかもしれません。

以下略

https://news.biglobe.ne.jp/economy/1214/dre_161214_4755206028.html