北朝鮮 Flag 

1
:2014/04/26(土)00:15:06 ID:
【平壌4月25日発朝鮮中央通信】
4月25日は、金日成主席の朝鮮人民革命軍創建(1932年4月25日)82周年になる意義深い日である。25日付の朝鮮の各紙はこの日を迎えて掲載した社説で、チュチェ型の革命的武装力である朝鮮人民軍は必勝不敗であると強調した。

「労働新聞」は、主体的な革命武力の創建によって領袖の思想と偉業実現の揺るぎない支点が築かれるようになり、朝鮮革命はその開拓期から反帝闘争の不滅の英雄叙事詩をつづることができたとし、次のように指摘した。

世界には国も多くて各国に軍隊があるが、朝鮮人民軍のように革命伝統の固守と継承の偉大な歴史を創造し、百戦百勝を収めている革命的武装力はない。革命の峻厳な各年代に革命の銃剣であらゆる異色分子、裏切り者の策動を断固と粉砕し、党と領袖を決死擁護した朝鮮人民軍の不滅の偉勲は祖国の歴史に歴々と記されている。全軍に抗日の烈士たちが発揮した領袖擁護精神、司令部死守精神が力強く脈打っているので、朝鮮革命の首脳部は強固である。

国の自主権が少しでも侵害されることに対してはいささかも許さず、果敢に立ち上がって無慈悲に撃滅するのがわが軍隊と人民の革命的気概である。

いったん、命令が下されば白頭山の暴風のように、白頭山の稲妻のように一気に駆けつけて侵略の本拠地を無慈悲に焦土化する万端の戦闘準備を整えた最精鋭の金正恩革命強兵がいるので朝鮮式社会主義は金城鉄壁である。

「民主朝鮮」紙も、偉大な金日成・金正日主義が朝鮮の軍隊と人民の前途を示し、金正恩元帥の指導と無敵必勝の白頭山の革命強兵がいる限り、チュチェの革命偉業、先軍革命偉業の勝利は確定的であると強調した。

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this