australia-1296727_640
(イメージです。)
1:2016/12/09(金) 19:49:20.08 ID:
 【シンガポール=吉村英輝】
 
 オーストラリアのモリソン財務相は9日、同国最大の牧場地を保有するS・キッドマン社について、中国の不動産会社、上海中房置業が参加する企業連合による買収を承認したと発表した。


 中国企業主導だったため「国益に反する」と拒否してきたが、連合を組む豪州企業側の持ち分が引き上げられたことなどで豪州資本の主導が確認されたとして、認可に転じた。買収額は3億8650万豪ドル(約330億円)と、従来提示額より上積みされた。

 買収対象の牧場の総面積は10万平方キロ超で韓国の国土に匹敵し、約18万5000頭の牛を飼育する。日米などに牛肉を輸出しているが、中間所得層の台頭で消費が増える中国向けへの販路拡大が予想される。

 豪州では中国からの直接投資に市民の警戒感が高まっている。中国の企業連合はS・キッドマン社を落札したが、総選挙を控えたターンブル政権が売却を拒否し、中国側は今年5月に買収を一時断念していた。

http://www.sankei.com/world/news/161209/wor1612090025-n1.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【オーストラリア】中国企業が牧場買収を提案!韓国並み広さ、国民は警戒(2016/10/10)
中国マネー、オーストラリア政界に浸透か 米大使「驚がく」 対策要求!(2016/09/15)
【オーストラリア】中国による牧場買収認めず!安保に懸念、豪財務相「資産が巨大すぎ、国益に反する」(2016/04/30) 
 
=管理人補足=
ご紹介がとても遅くなりすみません。ご了承下さい。
ソース元は2016.12.9付の産経記事です。