12352
(イメージです。)
1:2016/12/10(土) 13:09:33.69 ID:
読売新聞 12/10(土) 13:00配信

 【ソウル=宮崎健雄】
 
 10日付の韓国主要紙は、同国の朴槿恵(パククネ)大統領の弾劾訴追案が可決されたことを「国民の名誉革命」(朝鮮日報)などと前向きに論じる一方、混乱の長期化による政治経済の停滞を回避するため、与野党の協力を呼びかけた。


 朝鮮日報は社説で、弾劾案の可決は「憲政史の汚点」だとして朴氏の責任を指摘しつつ、退陣を求める市民らが過激化する前に事態を収拾できたとして、「国民が成熟した」と評価した。北朝鮮による挑発などを念頭に「経済や安全保障の危機は目前にある」とも強調し、大統領代行の黄教安(ファンギョアン)首相と野党が協力するよう求めた。

 朝鮮日報と同じ保守系の中央日報と東亜日報も、政治の安定が急務だとした。

 野党の一部には、朴氏の早期退陣や黄氏の辞任を求める声もあるが、中央日報は「国政安定を脅かす」などと批判した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00050059-yom-int