%e9%9f%93%e5%9b%bd%e5%9b%bd%e4%bc%9a
(イメージです。)
1:2016/12/09(金) 16:10:44.79 ID:
ソースはテレビ 16時分

投票数299票

賛成234票
反対56票
棄権2票
無効7票
 
71:2016/12/09(金) 16:16:41.98 ID:
>>1 >>54

NHK
韓国パク大統領の弾劾議案 国会が可決 大統領の職務停止へ
12月9日 16時15分
 
韓国の国会では、9日午後、野党が提出した、パク・クネ(朴槿恵)大統領の弾劾を求める議案の採決が行われ、国会議員の3分の2に当たる200人以上の賛成で可決されました。これによって、パク大統領の職務は停止されることになり、今後180日以内に、憲法裁判所が弾劾の妥当性を判断するまでの間、ファン・ギョアン(黄教安)首相が大統領の職務を代行することになります。韓国大統領の弾劾を求める議案の可決は、2004年に当時のノ・ムヒョン(盧武鉉)大統領に対して行われて以来、12年ぶり、2度目です。
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161209/k10010801181000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
 
122:2016/12/09(金) 16:19:56.23 ID:
>>1 >>54 >>71
 
【激震・朴政権】弾劾案可決 朴槿恵氏の大統領職権停止 混乱長期化は不可避に
産経 2016.12.9 16:11
http://www.sankei.com/world/news/161209/wor1612090023-n1.html
 
【ソウル=桜井紀雄】
 
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に絡み、国会本会議で9日、朴氏に対する弾劾訴追案が野党側などの賛成多数で可決された。


憲法裁判所が最長180日間の審理に入り、判断が出るまで朴氏の大統領権限は停止され、黄教安(ファン・ギョアン)首相が職務を代行する。国政混乱の長期化は決定的となった。

可決には、国会議員の3分の2に当たる200人以上の賛成が必要。弾劾案を提出した野党勢力に加え、与党、セヌリ党議員も朴氏と距離を置く「非朴派」を中心に賛同に回り、賛成は234票に達した。

弾劾案では、崔被告の事件に絡む一連の不正に加え、旅客船セウォル号事故当日の朴氏の対応の不備も憲法違反と位置付けた。

朴氏は与党が提示した来年4月の退陣と6月の大統領選の方針を受け入れると表明していた。だが、早期退陣を求める声が圧倒的に強く、最新の世論調査で81%が弾劾に賛成する中、非朴派ら与党議員の多くも世論に迎合する形で「造反」に動いた。

憲法裁が弾劾を妥当と判断すれば、朴氏は罷免される。弾劾を棄却したとしても、与党の方針に従い4月に退陣する可能性が高いとみられている。1987年の民主化以降、韓国大統領が罷免や任期途中で辞任するのは初めてとなる。

朴氏は65年に日韓国交正常化を実現した朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の長女で、2013年2月に韓国初の女性大統領に就任した。
 
221:2016/12/09(金) 16:27:12.90 ID:
>>1 >>54 >>71 >>122

韓国 朴大統領の弾劾訴追案を可決
毎日新聞2016年12月9日 16時13分 
http://mainichi.jp/articles/20161209/k00/00e/030/283000c

【ソウル米村耕一】
 
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友による国政介入事件を巡り、韓国国会は9日午後、朴氏の弾劾訴追案を審議し、賛成多数で可決した。

賛成票234、反対票56で、与党セヌリ党から予想を上回る造反者が出た。

朴氏は職務停止となり、黄教安(ファン・ギョアン)首相が職務代行に当たる。憲法裁判所が180日以内に朴氏の罷免が妥当か審判を下す。

===============================

号外:韓国の朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が可決。黄教安首相が大統領権限を代行へ (16:13)

朴大統領の弾劾訴追案、可決 憲法裁判所が判断へ
朝日新聞 2016年12月9日16時19分
http://www.asahi.com/articles/ASJD864KVJD8UHBI040.html?iref=comtop_8_01

韓国国会は9日、朴槿恵(パククネ)大統領(64)の弾劾(だんがい)訴追案を採決し、賛成234票、反対56票で可決した。野党3党に加え、与党セヌリ党の一部も賛成に回った形だ。朴氏の大統領権限は停止され、黄教安(ファンギョアン)首相(59)が代行する。今後、憲法裁判所が180日以内に弾劾するか決める。弾劾が決まれば朴氏は大統領職を罷免(ひめん)され、60日以内に大統領選が行われる。

検察の捜査で、朴氏は支援者のチェ・スンシル被告らと共謀し、財閥企業に財団への資金拠出を強要したなどと認定された。野党側が3日に弾劾訴追案を提出していた。

大統領に対する弾劾訴追は、国会議員の3分の2の賛成が必要で、議員300人のうち、200人以上の賛成で可決する。野党3党と無所属を合わせると172人で、与党から28人以上の賛成が必要だった。

憲法裁判所は所長を含め9人で構成され、大統領の弾劾決定には6人以上の賛成が必要になる。

韓国で大統領の弾劾訴追案が可決したのは2004年の盧武鉉(ノムヒョン)大統領に続いて2例目。このときは憲法裁が盧氏の違法行為は認めたものの、辞めさせるほど重大ではないと判断して弾劾訴追を棄却している。

朴氏は11月29日、「大統領職の任期短縮を含めた進退問題を国会の決定に委ねる」と述べていた。今月6日には、来年4月に辞任するという与党案を受け入れ、国会で弾劾訴追案が可決された場合は憲法裁の判断を待つ考えを示した。

朴氏の進退をめぐっては、辞任を求める集会が10月29日から6週連続で土曜に開かれ、12月3日にソウルであった集会には警察推計で過去最多の32万人(主催者発表170万人)が集まった。

韓国の調査機関「リアルメーター」が12月5~6日に実施した世論調査では、弾劾に「賛成」が78・2%。圧倒的な世論を前に、与党では弾劾訴追案の採決を欠席したり、反対票を投じたりするのが負担になっていた。

(ソウル=東岡徹)