韓国 Flag 

1
:2014/04/24(木)21:08:54 ID:
安山で『入院学生たち弔問防げば爆破』脅迫印刷物


特別取材チーム=高麗(コリョ)大安山病院側が入院中である檀園高学生患者の弔問を防げば病院を爆破するという脅迫性印刷物が病院の近隣から発見されて警察が捜査に入った。

この病院のチェ某医師は24日午前7時58分頃、檀園区(ダンウォンク)古桟洞(コジャンドン)の病院近隣である地下鉄4号線古桟(コジャン)駅周辺でA4用紙4分の1の大きさの印刷物を発見した。

印刷物には『安山高麗大病院はセウォル号学生患者の葬式弔問を強制的に防ぐな。友達の最後の道を一緒にできるようにしなさい。強制的に防げば病院を爆破する』という内容が含まれていた。

申告を受けた警察は古桟(コジャン)駅周辺を捜索して地面に置かれていた同じ形態の印刷物13枚を追加で発見した。

この印刷物はコンピュータで作成されて何枚かコピーされたことが確認された。

警察は病院側が入院治療中の学生たちの安定のために今回の事故犠牲者に対する弔問を許諾しないことにするとすぐにこれに対し不満を抱いて流布したと見て周辺の防犯カメラなどを分析している。

高大安山病院は前日のブリーフィングで「精神的外傷を負った青少年が焼香所に行くことは心理的な安定に役に立たないと判断、訪問を許諾しなかった」と明らかにした。

警察は「脅迫印刷物に日時場所など具体性がなくて脅迫罪よりは軽犯罪適用が可能だと見る」と話した。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014042415195374990.htm