china-160480_640_20151111053838e6e
(イメージです。)
1:2016/12/06(火) 07:33:27.16 ID:
「トランプリスク」と表現される保護貿易主義傾向に対応するために韓日中自由貿易協定(FTA)推進を加速化し、域内通貨スワップ協定を強化するべきだという提案があった。5日に静岡で閉幕した第11回韓日中賢人会議でだ。

日本側団長の福田康夫元首相は基調演説で「トランプ次期米大統領の就任などで国際情勢が不安定化するリスクがある」とし「こうした事態に備え、3カ国は安定した関係を築くべきだ」と強調した。

中国側団長の曽培炎元副首相は「英国の欧州連合(EU)離脱、トランプ氏の当選など世界的に孤立主義が広がる状況で、韓日中3カ国はFTAの迅速な推進とともに東アジア地域包括的経済連携(RCEP)締結などに速度を出すなど、よりいっそう自由貿易に進まなければいけない」とし「経済協力の障害物を除去するために通貨スワップを通じて対外的使用を拡大するべきだ」と述べた。

司空壱(サゴン・イル)元財務部長官は「通貨スワップは最小限の費用で金融市場を安定させる手段」と強調した。

http://japanese.joins.com/article/209/223209.html