diploma-1390785_640
(イメージです。)
1:2016/12/05(月) 22:01:22.70 ID:
 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の親友で、国政介入事件で起訴された崔順実(チェ・スンシル)被告の娘、チョン・ユラ氏(20)の高校卒業資格が取り消されることになった。これでチョン氏の最終学歴は「中卒」となる。

 ソウル市教育庁(教育委員会に相当)は、チョン氏の出身高校である清潭高校とソンファ芸術学校(中学校)でチョン氏の成績や出欠状況などに対する特別な計らいがあったとして、チョン氏の高校卒業資格を取り消すと5日発表した。

 ソウル市教育庁はチョン氏の出欠状況や成績など学生生活記録簿(内申書)の記載内容を修正するとともに、受賞資格の剥奪、受賞内容の削除などの措置を取る。

 ソウル市教育庁によると、チョン氏が高校3年生在学時に公欠(出席と認定される欠席)扱いとなった141日のうち、少なくとも105日は根拠となる公文書が虚偽だったことが分かった。

 公欠扱いの根拠となった大韓乗馬協会の協調要請文書のうち、62日間の国家代表合同訓練と43日間の2014年アジア大会国家代表訓練が実際には行われていなかったことも確認された。

 つまりチョン氏は高3のとき105日間無断欠席していたのと同じことになる。韓国の小中等教育法施行令によると、高校課程を修了または卒業するためには、最低でも授業日数193日の3分の2に当たる129日は出席しなければならない。

 ソウル市教育庁は「虚偽の公文書によって公欠扱いとなった105日を除く36日についても、補習の結果など根拠となる資料がなく、教育課程を履修したことを認めるための根拠が確認できない」と説明した。

 教育庁は清潭高校に監査結果を通報し、出欠状況の訂正および卒業認定の即時取り消しを求める予定だ。

チョン・ソンピル記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/05/2016120502779.html