1:2016/12/05(月) 20:16:00.84 ID:
a8128b8f.jpg 
8c1c4139.jpg 
 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の退陣を求める6回目のろうそく集会が開かれた3日午後、ソウル・汝矣島の与党セヌリ党本部に掲げられた「国民の皆さん、限りなく申し訳ありません。一日も早く国政を収拾します」という垂れ幕がデモ隊の投げた卵にさらされていた。

 夜のろうそく集会に先立ち、セヌリ党本部前で開かれた集会では、司会者が「朴槿恵大統領の弾劾に反対票を投じようとするセヌリ党を許すことはできない」と呼びかけ、デモ隊が一斉に卵を投げつけた。

 デモ隊の一部は「朴槿恵国政介入の共犯セヌリ党」と書かれた縦8メートル、横15メートルの横断幕を破るパフォーマンスも行った。これまでソウルの光化門広場周辺で行われていたろうそく集会の矛先がセヌリ党にも向き、汝矣島に拡大した格好だ。

 デモ隊は「大統領退陣」だけでなく、「セヌリ党解体」「セヌリ党は共犯」などというスローガンも叫んだ。

 セヌリ党議員を狙ったデモは同日、全国各地で開かれた。「ろうそくは風が吹けば消える」という発言で論議を呼んだ江原道春川市出身の金鎮台(キム・ジンデ)国会議員の事務所前には約1万5000人(主催者推計・警察推計は3000人)が集まり、議員辞職を要求した。

 セヌリ党の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)代表の選挙区である全羅南道順天市では約5000人(主催者推計・警察推計は1500人)が集まり、「大統領退陣」と「李貞鉉追放」を叫んだ。

 セヌリ党釜山市支部にはデモ隊が「朴槿恵・崔順実共犯党釜山広域市支部」という看板を懸けた。大邱市支部、慶尚北道支部が入居する建物にはデモ隊が「内侍宦官(ないじかんがん)党」「政界引退党」「主犯党」といった横断幕を掲げた。

 慶尚南道昌原市のセヌリ党慶尚南道支部周辺の街路樹には市民が抗議の証として黄色いリボンを結びつけた。忠清北道庁周辺で開かれたろうそく集会では、地元セヌリ党国会議員の電話番号が公開され、市民が「辞職しろ」という携帯メールを一斉に送信した。

 親朴派団体もソウル・汝矣島とソウル駅前広場で大統領退陣に反対する集会で対抗した。ろうそく集会参加者との衝突はなかった。「朴槿恵を愛する会」(パクサモ)のメンバー3万人(主催者発表)は東大門で「憲政秩序を守るための叫び」と題するイベントを開いた。

 「新しい韓国のための国民運動」のメンバー5000人(主催者発表)はソウル駅広場で「我々は誇りある4%。朴槿恵大統領を守ろう」などというスローガンを叫んだ。

 現職議員の携帯電話番号がインターネット上に公開され、セヌリ党議員はさまざまな抗議の電話や携帯メールに悩まされている。親朴系議員だけでなく、非親朴系議員にも「大統領を弾劾しなければ、黙ってはいない」といった携帯メールが毎日数千通も届いている。

 李貞鉉代表は携帯電話を使えないほど大量の通話が殺到したため、電話の着信を停止した。セヌリ党のベテラン議員は「夜中に人身攻撃のような電話がかかってきたり、ひっきりなしに抗議を受けたりして、必要な業務ができないほどだ。個人的に陰険な批判メッセージも舞い込んでいる」と話した。

 2日に開設された朴大統領弾劾請願サイト「parkgeunhack.com 」を通じた圧力も高まっている。同サイトには4日までに75万人が同調した。ネットユーザーが同サイトに氏名、居住地域を入力すると、議員に電子メールが発信される仕組みとなっている。

 セヌリ党の新人議員は「山積する請願メールを見ると心理的な圧力が大きい」と話した。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者 , ムン・ヒョンウン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/05/2016120500677.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/05/2016120500677_2.html