15
(動画からです。)
1:2016/12/03(土) 10:32:53.69 ID:
1300メートル、900メートル、200メートル、そして100メートルの距離まで。
ろうそくを持った市民は毎週、青瓦台(チョンワデ、大統領府)に接近している。

青瓦台に近づくほど市民の声は高まっている。

「朴槿恵(パク・クネ)は退陣しろ!」「もう我慢できない!」。先月26日の5回目のろうそく集会である市民はこう語った。「この距離ならその方が耳をふさがない限り聞こるだろう」。

10月29日にソウル光化門(クァンファムン)広場の世宗大王(セジョンデワン)銅像前で警察と対峙した市民は約1カ月後の先月26日、青瓦台まで直線距離で約200メートルの距離にある清雲・孝子洞住民センターまで前進した。

3日の6回目のろうそく集会を控え、主催側の「朴槿恵政権退陣非常国民行動」(退陣行動)は青瓦台前の孝子洞(ヒョジャドン)交差点を通過する行進と青瓦台の西側にある孝子治安センター前での集会を申告した。

これに対し警察は「孝子洞交差点は青瓦台の塀から100メートル以内」とし、退陣行動に行進・集会禁止を通告した。

現行の集会関連法上、100メートルは青瓦台に対するデモの最短距離だ。

すると退陣行動は裁判所にこれに対する執行停止仮処分を申請し、裁判所はこの日午後10時30分ごろ、孝子洞交差点を通過する行進は禁止しながらも孝子治安センター前の集会は許可(午後1時-5時30分)した。

治安センターは青瓦台の塀から約100メートルの距離にある。

主催側と警察、裁判所の決定は似たパターンが繰り返されている。退陣行動が青瓦台近接距離までの行進を申告すると、警察はこれを禁止し、裁判所は集会主催側の「友軍」の役割をした。

また裁判所は2日、今月29日まで平日午後8-10時に市民が青瓦台から200メートルの距離にある青雲・孝子洞住民センターに行進することも許可した。参加者が100人以上なら車での行進も可能だ。

3日の天気は晴れで、暖かい一日になる見込みだ。しかし朴大統領の3回目の国民向け談話、弾劾案に対する野党の「右往左往」のため、政界に対する市民の視線は冷たい。

退陣行動の関係者は「市民の怒りが膨らんでいる状況であり、5回目のろうそく集会当時(全国190万人)と似た規模の市民が集会に参加すると予想される」と述べた。

3日午後2時にはソウル汝矣島(ヨイド)セヌリ党本部の前でも市民の抗議集会が開かれる。
 
2016年12月03日10時16分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/160/223160.html
 
=管理人補足=
ご参考までに。

google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2016-12-03 12:00です。
http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201612031200221876
 
史上初の大統領府100m先の行進を許可...緊張感拮抗/ YTN(Yes!Top News)
2016/12/02に公開
 
[アンカー]
今日朴槿恵大統領の退陣を促す6番目の週末のキャンドル集会は、裁判所の決定に基づいて、史上初めて青瓦台100m前までデモ行進が可能になりました。

大統領府近くに出ている中継車接続します。新次元の記者!
現場の雰囲気前ヘジュシジョ。

[記者]
今ここでは、今日の午前10時頃から投入された警察のバスと義経のバッチジョブの真っ最中にぎやかな様子です。
第後ろに見える信号踏切がすぐにパトカーの壁が入ることが桁ですが。まだ本格的な集会はもちろん、事前集会も開始していなかったが、緊張感が漂っています。

警察は、万一の状況に備えて、私立っている場所から集会デモ行進が禁止された青瓦台噴水前まで車壁を密に配置しています。

まだこの一帯に本格的な車両制御は行われていないが、近くの1km半径はすでに車両渋滞が始まりました。
昼食の時間だけ義経が供給車両で食事を配給されている様子も見えますよ。

まだ多少余裕がある様子だが、しばらく後の午後1時から、裁判所が許可した行進の時間が始まるので、緊張感は相変わらずです。

[アンカー]
青瓦台100m前までデモ行進が許可されたのは史上初めてなのに、今日の午後行進計画がどうなりますか?

[記者]
今日は、文字通り、大統領府あごに集会の参加者が行進することができます。
先週までは、大統領府200m付近までのアクセスが許可さドェトオトんです。

裁判所が今日の午後1時から5時半まで青瓦台100m先であるこの一帯まで行進を可能にしながら歴史の中で、大統領府に最も近い行進が行われる見込みです。

ただし主催者側が申告した青瓦台噴水前までデモ行進は禁止されました。

主催側はウォン럐計画どおり午後4時から青瓦台を取り囲むパスに行進する「青瓦台包囲行列」を進行して、夕方6時光化門から1時間にわたったこの集会を終えた後、再度、大統領府方面に2次行進をする予定です。

先に主催側朴槿恵大統領の3次談話の内容が時間稼ぎに過ぎない、すぐに退陣を促す意味で、大統領府行進にさらに集中すると明らかにした。

詳細ニュース着信に再度お伝えします。
これまでソウル青雲孝子洞住民センター前お伝えしました。