hammer-311343_640
(イメージです。)
1:2016/12/02(金) 04:55:40.96 ID:
東芝 は1日、光学ドライブの製造販売を手掛けている東芝サムスンストレージ・テクノロジーが韓国裁判所に対して申立てを行っていた韓国現地法人となる東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国社の民事再生手続き申し立てが却下されたことを発表した。

これにより、東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国社は民事再生手続きではなく、破産手続きに移行することが決定したこととなる。

東芝は、今回の韓国裁判所による決定について「TSST-Kに対して当社は約6億円(2016年9月末時点)の債権を有していますが、全額引当を計上しており、また、TSST -Kの負債についても当社は債務保証等の責任を負っていないため、当社の当期業績に影響はありません」とコメントしている。

http://market.newsln.jp/news/201612011938000000.html