korea-929494_640
(イメージです。)
1:2016/12/01(木) 14:13:37.94 ID:
韓国の最大野党「共に民主党」は1日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案を同日に発議し、2日の国会本会議で採決を行うよう第2野党「国民の党」に提案したが、同党が受け入れなかった。弾劾案の2日の採決は事実上、不可能となった。

共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表は1日、与党セヌリ党の金武星(キム・ムソン)前代表と会合を行った後、党の幹部会議を開き、予定通りに同日に弾劾案を発議する方針を決め、国民の党と少数野党・正義党に伝えた。

これに対し、国民の党の李容鎬(イ・ヨンホ)院内報道官は「(セヌリ党の)非朴系の議員らは7日までには(朴大統領の退陣時期を決める)交渉を行い、できなければ9日に弾劾する立場」として、「弾劾が失敗すれば、大統領に免罪符を与えることになるため、(2日の弾劾案採決に)参加しない方針を昨日に続き今日も(共に民主党に)明らかにした」と述べた。
 
聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/01/2016120101638.html