漁師 海 釣り 

1
:2014/04/22(火)16:55:39 ID:
京畿(キョンギ)西海岸でビブリオ敗血症菌検出


京畿道(キョンギド)保健環境研究院は先月14日、都内4個の地域の西海岸から採取した海水からビブリオ敗血症菌が検出されたと22日明らかにした。

これは2011年と2012年6月、2013年5月に最初にビブリオ敗血症菌が発見されたことに比較すれば1~2ヶ月早い。

特に海水温度が18℃ 以上になってこそビブリオ敗血症菌が発生すると分かったのと違い、今年には検出当時海水温度が11~12℃と低かった。

ビブリオ敗血症は海水温度が18℃以上に上昇する5~10月に菌に汚染された魚介類を生食したり皮膚に傷がある人が汚染された海水と接触した時主に発生する。

京畿道(キョンギド)保健環境研究院は「免疫機能が弱い人々は海産物の生食を避けて十分に煮て食べなければならない」としながら「魚介類はできれば5℃以下で低温保管して生魚などを料理した刃物、まないたなどによって他の食物が汚染されないように気を付けなければならない」と頼んだ。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014042214494374990.htm