火事 消防車 

1
:2014/04/22(火)14:01:18 ID:
寧越(ヨンウォル)の山で山火事再発化…二日目消火中

江原(カンウォン)寧越郡(ヨンウォルグン)のある山で二日目も山火事が広がり、林野1.1haを焼いた中で22日午前8時30分頃、消えた火種がよみがえって消防当局が再び消火作業を始めている。

去る21日午後1時15分頃、江原(カンウォン)寧越郡(ヨンウォルグン)韓半島面(ハンバンドミョン)鉱銭里(クヮンジョンニ)セメント鉱山近隣のある山の中腹で火事が起こり、林野0.1haを焼いて2時間余りで消えた。

しかし乾燥した気候の中で完全に除去されなかった火種が再び生き返って同日午後11時10分頃、再発火の申告が消防当局に受け取られた。

ポンプ車など装備9台、人材140人余りが動員されて消火作業を始め、火は国有林と私有林など林野1haを以上焼いて5時間余り後の22日午前4時頃、鎮火した。

しかし大きい火を消して残った火の整理をした山林当局はこの日午前8時30分頃、火がよみがえったのを発見、現在のヘリコプターなどを動員して再び消火作業に出た状態だ。

消防関係者は「残った火の整理途中国有林付近で再び火が広がっているという申告が入ってきた」として「周辺に民家がなくて人命被害はない状態」と明らかにした。

警察と消防当局は消化作業を始める一方、山菜採取屋など入山者による話から推定して正確な火災原因を調査している。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014042209132174990.htm