5003641
(イメージです。)

 
1:2016/11/29(火) 02:04:37.18 ID:
韓国海洋水産省は28日、韓進海運の経営破綻で足止め状態にあった同社のコンテナ船など141隻全ての荷役作業が完了した。

最後の1隻である韓進ウィーン号の荷役作業がこのほど、カナダ・バンクーバー港で完了した。法定管理申請で足止め状態だった韓進海運の船舶は、コンテナ船97隻とバルク(バラ積み)船44隻に上る。

全ての荷役作業が完了したことで、法定管理(会社更生法)の申請から3カ月にわたる物流網の混乱は収束に向かうとみられる。ただ、韓国政府は、荷物引き渡しの支援はするが荷主・物流業者と韓進海運が協議して解決すべきという姿勢を崩しておらず、最終的な混乱解決にはもう少し時間がかかりそうだ。

また、韓進海運の売却・会社更生手続きなどの課題が残る。韓国内外で差し押さえられた船舶8隻のうち、7隻は船主へ返還された。シンガポールで差し押さえられた韓進ローマ号のみ、韓進海運の管理下にある。

これまでに韓進海運の協力会社や関係のある中小企業、物流会社などに対し、満期延長など計694件、3,837億ウォン(約367億5,800万円)規模の金融支援が実施された。

http://www.nna.jp/articles/show/1540164

=管理人補足=


excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
韓進(ハンジン)海運'半分の生存'...千人失職危機/ YTN (Yes! Top News)
2016/11/22に公開
 
[アンカー]
法廷管理中である韓進(ハンジン)海運のアメリカ・アジア路線を買収した対韓海運が陸上職員の半分程度だけ雇用を継承することにしました。
残りの半分と海上職員である船員電源が真冬失職危機に置かれました。
イ・ジョンミ記者の報道です。

[記者]
裁判所の許可を受けて韓進(ハンジン)海運のアメリカ・アジア路線を譲り受けたSMグループの対韓海運。
韓進(ハンジン)海運所属職員の中でアメリカ・アジア路線に関連した570人余りの雇用を維持することにしました。
海外に滞留している外国人職員が281人、国内陸上職員は293人です。

現在の韓進(ハンジン)海運に残った陸上職員が6百 40人程度であることを勘案すれば半分だけ雇用が維持される計算です。
誰かは生き残って、誰かは離れなければならない状況。
韓進(ハンジン)海運職員は不安感を隠せません。

[韓進(ハンジン)海運職員:
家族の生計に対して心配する人は当然多いよ。 面接を何回見たが合格が容易でないために若干の挫折感も感じられるようだし….]

対韓海運にバルク船分野人材はすでに充分で韓進(ハンジン)海運バルク船職員は雇用継承がより一層難しくて、コンテナ船分野も安心できません。

[韓進(ハンジン)海運職員:
バルク船側にいらっしゃった方々が心配が多いようだよ。 コンテナ船事業のような場合に今回雇用継承がかなりたくさんなるだろうが絶対人材自体が多いです。]

すでに解雇通知を受けた海上職員6百 40人は電源雇用継承対象から除外されました。
陸上と海上職員を合わせて失職が予告された人員だけ千人に達するものです。

その上に海上職員である船員は政府が再就職努力に出たうえに、採用希望需要も3百人以上は存在するが陸上職員は他の職場探しも容易ではありません。

[チャン・スンファン/韓進(ハンジン)海運陸上労組委員長:
船が何隻もっと増えるとそれで人(陸上職員)がさらに必要なことではありませんね。 そのような状況のために席を作るのが容易ではないことですが。]

海運景気(競技)寒波の中で真冬失職までぶつかった職員はただ引き受けた働きさえしただけなのになぜこのように崩れなければならないかと願望混ざった哀訴を吐き出しています。

YTNイ・ジョンミ[smiling37@ytn.co.kr]です。