salon-1392007_640
(イメージです。)

 
1:2016/11/28(月) 23:16:24.11 ID:
 韓国の化粧品メーカー、コスマックスは28日、日本の化粧品最大手の資生堂グループに製品を供給すると発表した。コスマックスは先月資生堂と契約を結び、今月から本格的に生産を開始。

 契約規模は300万ドル(約3億3800万円)で、今後さらに拡大する計画だという。コスマックスは資生堂ブランドで販売されるシワ対策化粧品やオーガニック化粧品などを開発し、供給する予定だ。

 資生堂は「資生堂」「クレ・ド・ポー ボーテ」「アネッサ」「TSUBAKI」など有名ブランドを多数抱えるグローバル化粧品メーカーだ。コスマックスは今回の契約を機に日本市場への本格進出を狙う。

 日本の化粧品市場は約26兆ウォン(約2兆5000億円)規模で、米国・中国に次いで単一国家としては世界で3番目に大きい。

 コスマックスのイ・ギョンス会長は「資生堂側が韓国の化粧品市場と製造技術に大きな関心を示した。ほかの日本企業とも契約を結び、難しい日本市場に定着していきたい」と意欲を見せた。

シム・ヒョンジョン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/28/2016112802718.html