トヨタ 

1
:2014/04/21(月)20:59:02 ID:
[北京 20日 ロイター]
トヨタ自動車(7203.T)の専務役員でレクサス・インターナショナルのプレジデントを務める福市得雄氏は20日、品質を重視するために高級車「レクサス」の中国での生産を見送ったと述べた。北京国際モーターショーでロイターのインタビューに答えた。

フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)の高級車部門アウディやBMW(BMWG.DE)と異なり、レクサスは中国での販売分がすべて日本から輸入されている。しかし自動車への高い輸入関税が影響し、昨年の中国での販売台数はアウディの約7分の1、BMWの約5分の1にとどまった。

福市氏は、比較的歴史の浅いレクサスにとっては台数よりも質が重要だと説明。アウディ、BMW、ダイムラー(DAIGn.DE)のメルセデス・ベンツを引き合いに「ドイツの高級車メーカー3社はブランド・イメージを持っており、これは過去100年間の長い歴史をかけて培ったものだ。しかしレクサスはまだ人々の心に焼き付いていない」と指摘した。

また「顧客はレクサスに品質を求めており、その品質に何か問題があればレクサスから離れていくだろう」と述べた。

(続きはソースで)


REUTERS: 2014年 04月 21日 11:44 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3K01X20140421