12365987456235.jpg 
(管理人補足動画のサムネイル画像です)

1
:2014/04/21(月)22:02:50 ID:
沈没事故で乗務員「非常時の安全教育を受けていない」

(前略)
 韓国の珍島(チンド)沖で16日に発生した旅客船「セウォル号」の沈没事故では、船長ら3人が逮捕されたほか、救助された乗組員らが合同捜査本部の聴取を受けています。捜査本部によりますと、一部の乗務員は聴取に対し、「非常時の安全教育を受けていなかった」と話しているということです。

 また、事故当時、操船を指揮していた25歳の女性航海士と、直接操船を行っていた操舵手については、互いに責任を押しつけ合うような様子も見られるということです。

(中略)

 これは、セウォル号の船体が傾き、沈没が始まっていた16日の午前9時20分過ぎ、セウォル号と珍島の管制センターとの間で行われた交信の音声です。管制センターはセウォル号に対し、乗客らに救命胴衣を着せて脱出させ、救命ボートや浮き輪を海面に投下するよう指示しましたが、セウォル号側は「脱出したらすぐに救助が来るのか」などと答えています。

 今回の事故では、これまでに58人の死亡が確認されていて、安否不明者は244人にのぼっています。(21日05:02)

中略した会話はソースでどうぞ
TBSニュース [14/04/21 05:02] (動画あり)
http://news.tbs.co.jp/20140420/newseye/tbs_newseye2180843.html



=管理人補足=
上記動画とは異なります。操舵手へのインタビューがありましたので、添付します。

韓国旅客船沈没、事故発生直後の交信記録
公開日: 2014/04/21 (5:12)

発生から6日目を迎えた韓国の旅客船沈没事故。21日は現場の潮の流れも緩やかになり­捜索の進展に期待が寄せられました。