韓国 K 

1
:2014/04/21(月)12:55:43 ID:
(前略)
 20日仁川地検と検察・警察合同捜査本部などによると、仁川地検特別捜査チームはセウォル号を運行する清海鎭海運の最大株主であるユさんなど2人と清海鎭海運キム・ハンシク代表(72)に対し、出国を禁止したと明らかにした。

 清海鎭海運はセウォル号を運行する会社で、造船業社であるチョンヘジが所有している。 チョンヘジは、1980年代に漢江遊覧船を運営した株式会社セモの造船事業部を引き受けて作った会社として知られた。

また持ち株会社であるアイワンアイホールディングスの支配を受けていて、最大株主はユさんの兄弟。兄弟はそれぞれ会社持分を 19.44%ずつ所有している。

 ユ兄弟は、1980年代に漢江遊覧船を運営した株式会社セモの前会長ユ・ビョンオンの長男と次男。ユ前会長も出国禁止対象に含まれている。アイワンアイホールディングスは、清海鎭海運と健康食品販売業社など 7つの会社の持ち株会社である。

 検察はユ一家が清海鎭海運を運営する過程で無理な運航を指示したのか、違法的、脱法的な客室建て増し、貨物過剰積載、船長、船員に対する安全教育不十分などに関与したということで捜査している。

また会社経営過程で脱税した疑惑も捜査対象となった。今回の事故に関して、合同捜査本部と検察の出国禁止対象は 40人余りにのぼることと伝えられた。

 今後、合同捜査本部と検察の捜査は運航上過失、船長と船員の義務不履行などセウォル号沈没に対する捜査と、セウォル号オーナーの経営、管理怠慢に対する捜査に分けて強行される見込み。

これはセウォル号の事故に関し、無理な運航や乗客への案内義務不履行など「安全不感症」が事故の大きな原因の1つと見て、運行会社や船主などオーナーの経営上の責任も問わなければならないという判断による。

 仁川地検はこの日特別捜査チームを形成し、チーム長にキム・フェジョン仁川地検 2次長を、主任検事はチョン・スンシン特殊部長をそれぞれ任命した。

 仁川地検特捜部検事 4人と捜査官 10人も特別捜査チームに合流。チョン特殊部長は 「(セウォル号の) 運行会社の経営状態や職員の管理などに問題がなかったのか重点的に捜査する予定」と話した。さらに「捜査の結果、違法行為が摘発されれば厳しい処罰をする」と付け加えた。

 キム・ジンテ検察総長は、合同捜査本部の事故原因捜査とは別に運行会社と船主に対する捜査を仁川地検に指示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00000001-yonh-kr