スマホ 

1
:2014/04/20(日)17:33:40 ID:
【4月20日 AFP】
「最後の理想郷」として知られるヒマラヤの秘境、ブータン。隔週発行のオンライン紙「ブータニーズ(Bhutanese)」の編集者テンジン・ラムサン(Tenzing Lamsang)さんは首都ティンプー(Thimpu)のオフィスで、携帯電話技術の劇的な影響について考えをめぐらせながら語る。
「ブータンは封建時代から現代へ飛躍している。工業化の過程を飛び越えてしまった」

世界で最後にテレビが導入された国、発展の指標として「国民総幸福量」(Gross National Happiness、GNH)を採用している国といったイメージが強いブータンには、携帯電話技術を拒むことが期待されていたのかもしれない。だが、携帯普及のスピードは速い。

続きは引用元でどうぞ↓(引用元:AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3013074?pid=0