95698745.jpg 

1
:2014/04/17(木)21:43:19 ID:
韓国紙「朝鮮日報」は、韓国客船「セウォル」号の事故発生後、船体構造に詳しいことで、船長や乗務員たちは乗客より先に救難船に乗っていたと報道した。犠牲者のうち、22歳の乗務員は犠牲となるまで乗客たちを助け続けた。高校生が飛行機ではなく、船に乗ったのは航空券が11万ウォンと、乗船券の3万ウォンよりはるかに高かったからである。

韓国紙「中央日報」の報道によると、転覆客船の乗務員29人のうち、17人が生存したのに対し、学生乗客325人のうち、救出されたのは75人に過ぎなかった。船長代理、李俊松は早くに脱出していた。救出された学生によると、乗客たちに救命胴衣を配る乗務員は1人もいなかったという。

韓国YTNテレビ局の16日付の報道によると、当日の朝に沈没した客船「セウォル」号の船長は船長代理で、路線に詳しいかどうかは不明であるという。

韓国・聯合ニュースの報道によると、韓国の鄭ホン原首相は17日零時30分に地元の体育館に到着、情報を待っている家族を見舞った。同氏が体育館に入ると、すぐに囲まれ、罵られたり、水をかけられたりした。

全文は以下ソース
http://www.xinhuaxia.jp/social/31669