イメージ 経済

1
:2014/01/26(日) 15:15:56.53 0 ID:
武侠(貿易協会)分析…化工?鉄鋼?農水産物?電機電子に被害集中
対日 輸出企業 95% "直接被害"…4個中 1個は '無対策'

2012年末以後長続いた円安(円安)家の敷地(対)日本輸出で競争国より我が国にもっと大きい被害を与えたという分析が出た.

26日韓国貿易協会国際貿易研究員報告書によると去年対日輸出額は346億9千400万ドルで前年より 10.6%も減った.

対日輸出減少率が二けたを記録したことは 'アメリカ発金融危機'が近づいた 2008年以後初めてだ.

輸出品の中では船舶(-46%), コンピューター(-42%), コードレス通信(-24%),板材類(-22%), 水産物(-20%), 記号?加工食品(-17%), 半導体(-15%), プラスチック?機械要素(-13%)などが特に大きい打撃を受けた.

円安被害が主に化学工業, 鉄鋼, 農?水産物, 電気?電子などに集中された様相だ.

実際院?円為替が 10% 下落する時化学工業製品は 4.4%, 鉄鋼は 3.9%, 農?水産品は 3.4%,電気?電子は 2%, 機械類は 1%ずつ輸出物量が減少することで国際貿易研究員は分析した.

主要競争国と比べると我が国の対日輸出不振はもっと目立つ.

去年 1~11月日本輸入市場で韓国製品シェアは 4.3%で前年対比 0.3%ポイント下落した.

一方に競争国である中国は 21.3%から 21.7%で, 台湾は 2.7%から 2.9%でむしろシェアが上昇したしドイツは 2.8%で変動がなかった.アメリカは 8.6%から 8.5%に下がったが我が国よりは下落幅が減った.

シェア下落品目の中半導体?通信機器?プラスチック?機械類は中国が,鉄鋼?生活用品?水産品?繊維類などはアセアン(ASEAN) 加盟国たちがそれぞれシェアを高めた.

私たち企業が円安でつかれ病いを病む間競争国が日本市場で立地を少しずつ広げたと見られる部分だ.

日本の 15個重要収入品目(エネルギー除外) 中シェア下落品目首都我が国が 10個でアメリカ(9個), 中国?台湾(8個), ドイツ(6個) などに比べてちょっと多かった.

円安現象が 3年次に入りながら国内輸出企業が体感する避けてもずっと深くて広くなった.

武侠(貿易協会)が最近対日輸出企業 301社をアンケート調査した結果回答企業の 95%が円安で直接的な被害を受けたと返事した.

被害類型では為替差損が 48.8%で一番多かったし次に輸出物量減少 23.9%, 輸出相談?契約蹉跌 21.9% などだった.別に影響がないと答えた企業は 1%に過ぎなかった.

特に円安に何らの対策を用意することができなくてお手上げであっているという企業と一時的に輸出をあきらめたという企業がそれぞれ 14.6%, 8.3%に達して対策が至急なことで現われた.

ギムツンシック武侠(貿易協会)貿易振興本部長は"今度アンケート調査で回答企業の 60% 以上は円安現象が今年の末または来年までつながることと見通した" と"対日輸出企業の難しさがしばらく長続くことと予想される位政府の追加支援策が必要だ"と言った.
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eko_ja,bF,uaHR0cDovL3d3dy55b25oYXBuZXdzLmNvLmtyL2ludGVybmF0aW9uYWwvMjAxNC8wMS8yNi8wNjAyMDAwMDAwQUtSMjAxNDAxMjYwMDE1MDAwMDMuSFRNTA==,qfor=0