78d78b06.jpg 

1
:2014/04/17(木)14:05:38 ID:
2014-04-17 03:00:00

16日沈没したセウォル号運航の総責任者である船長のイ某さん(61)は船体から無事に脱出した後、午後2時に全南(チョンナム)珍島郡(チンドグン)珍島邑(チンドウプ)の韓国病院に運ばれて治療を受けた。擦過傷(さっかしょう)を負ったイ氏は物理治療室で治療を受けていた。イ氏は本誌記者が身分を尋ねるとすぐに「私は乗務員だ。 知っていることはない」と話した。

イ氏は事故原因を尋ねる質問に対して念入りに考えると「暗礁衝突ではない。突然沈んだ。だが正確な原因は分からない」と答えた。イ氏とのインタビューは3分程行われた。イ氏は当時海水でぬれた5万ウォン2、3枚と1万ウォン10枚余りを治療室のオンドルの床で乾かしていた。
他の乗務員1人が5万ウォンを奪っていこうとすると「私のだ」と言って防いだりもした。
以下略

http://news.donga.com/Main/3/all/20140417/62829491/1