1
:2013/12/31(火) 23:53:29.71 ID:
英国メディアなどの報道によれば、ミャンマーでは近年、増え続ける中国系住民や中国資本進出への反感が高まり、「反中ソング」がもてはやされている。香港・大公網が30日伝えた。

報道によれば、ミャンマー第2の都市、マンダレーでは華人の割合が人口の4割に達した。華人が市中心部で不動産を買うため、住宅価格が上がり、地元のミャンマー人は郊外へと転居せざるを得ないという。

こうした状況から反中ソング「マンダレーの死」が生まれた。
街を華人に乗っ取られた悲しみを歌った歌だ。

*+*+ Yahoo!ニュース +*+*
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000020-xinhua-cn