ヒュンダイ 車 

1
:2014/04/11(金)21:10:39 ID:
方背洞(パンベドン)LPG充填所で乗用車休憩室に突進…4人死傷
運転者「突然ブレーキ効かなくて急発進」と主張


ソウル南部循環道路LPG充填所で乗用車が休憩室に突進する事故が発生して1人が亡くなって3人がケガした。

11日、ソウル方背(パンベ)警察署によればこの日午前11時40分頃、瑞草区(ソチョグ)方背洞(パンベドン)南部循環道路SK LPG充電所でチョン某(58)さんが運転したNFソナタ乗用車が自動洗車を終えて出てきている間、突然向い側の顧客休憩室に突進した。

車両は休憩室前面ガラス窓を突き抜けて突進して中で休んでいたチョン某(59)さんなどタクシー運転手4人を襲った。

事故車両はタクシー運転手ソ某(58)さんとイ某(57)さん、キム某(41)さんに突っ込んでチョン氏に当たって車両の下に敷いたまま向い側の壁に衝突して立ち止まった。

この事故でタクシー運転手チョン氏が全身を大きくケガして病院に移されたが治療途中に亡くなった。

ソさんは全身が麻痺する重傷を負い、イ氏とキム氏は痛みを訴えて病院に移されて治療を受けている。ソさんは生命に支障はないと分かった。

目撃者の話によれば事故当時イ氏は休憩室内側正面でぞうきんを洗っており、ソさんとキム氏は休憩室右側の椅子に座っていて突然突進してきた車両にぶつかった。

亡くなったチョン氏は休憩室の中央付近に立っていて事故車両と正面から衝突して最も大きい衝撃を受けたと伝えられた。

運転者チョン氏は警察調査で「洗車を終わらせてちょうど出発しようとする瞬間、突然車両のブレーキが効かず急発進した」と述べた。

警察は運転者チョン氏を相手に実際に急発進が疑われる情況があったのかなどを調査中であり、事故車両を国立科学捜査研究院に送って精密鑑識を依頼することにした。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014041114554121980.htm