警察 犯罪 イメージ 

1
:2014/04/10(木)19:13:39 ID:
詐欺事件の被害者に被害回復を持ちかけて現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策2課は詐欺未遂容疑で、韓国籍で東京都渋谷区笹塚、無職、朴剛領容疑者(21)ら19~32歳の男11人を逮捕した。組対2課によると、朴容疑者ら6人は容疑を否認し、5人は認めている。

 朴容疑者ら大半が中国残留孤児の2、3世で構成される不良グループ「怒羅権(ドラゴン)」の関係者で、いずれも振り込め詐欺でだましの電話をする「架け子」とみられる。港区や豊島区のアジトからは約7000人分の詐欺被害者らの名簿などが見つかっており、組対2課は実際に金を詐取したケースもあるとみて全容解明を進める。

 逮捕容疑は平成25年12月、エビ養殖名目の巨額詐欺事件で摘発された投資会社「ワールドオーシャンファーム」の被害者で、新潟県の無職男性(78)に「被害額の60~80%を回復できます」と虚偽の電話をし、手数料名目で現金をだまし取ろうとしたなどとしている。

 同4月ごろ、文京区のマンション関係者から「たくさんの男性が出入りしている部屋がある」と警視庁に連絡があり、組対2課が捜査していた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140410/crm14041014350009-n1.htm