フィリピン Flag 

1
:2014/04/08(火)09:26:37 ID:
※ 動画がソース元にあります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<ニュースデスク=アンカー>
フィリピンで現地の僑民が銃撃を受けて、死亡する事件がまた発生しました。
今年だけですでに4回目です。ペ・ジュファン記者が単独取材しました。

<レポート>
フィリピンのマニラから北にある観光都市アンヘルス。

6日の午後7時30分頃(現地時間)、ここの韓人タウンで歌房(カラオケ)を経営するシン某さん(45歳)が、暴漢からの銃撃を受けました。

僑民たちによれば、「シンさんが飲食店の野外テーブルで婦人と食事をしていると、暴漢2人がバイクに乗って現われて、拳銃2発を撃った」と伝えました。

シンさんはその場で亡くなり、周囲にいた他の僑民たちは驚いて逃げるなど、韓人タウンが
一瞬で修羅場となりました。

<イ・ドンファル(僑民保護団体“フィリピン112”)>
「(韓人タウンの)最も中心部で韓人たちが食事をしている中でに起きた事件のため、パニック状態になっています」

暴漢たちは拳銃を撃った後、すぐにバイクに乗って逃走して、これらの正体はまだ判明して
いません。

フィリピン警察では、暴漢たちが韓人タウンにまで来て、シンさんだけに拳銃を撃ったことから、恨みによる請負殺害である可能性が高いよ見ています。

僑民が1万2千人いるアンヘルスでは、2ヶ月前にも60代の韓国人観光客が暴漢の撃った銃弾に当たって死亡しました。

銃器規制が手薄なフィリピンでは、昨年は韓国人僑民と観光客13人が銃撃を受けて死亡して、特に今年に入ってからは銃撃事件がすでに4件も発生して、3人が死亡しました。

ソース:NAVER/MBC(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=214&aid=0000363600