中国 Flag 

1
:2014/04/08(火)00:32:46 ID:
 浙江省寧波奉化市で4日朝、5階建ての集合住宅が倒壊した。中国では80年代から90年代にかけて作られた建物の倒壊事故がしばしば発生している。都市部で建設ラッシュが発生した時代であり、質の悪い建物も多い。中国の建物の平均寿命が25-30年程度しかないことから、「低品質の建物の“逆襲の季節”に突入」との懸念が高まっている。中国新聞社などが報じた。

 英国では建物の平均寿命が100年以上、米国でも70年以上とされる。中国では「民用建築設計通則」により、一般的な建物の耐用年数が50-100年と定められている。しかし、政府関係者が2010年に「25年から30年しかもたない」と述べたことがあるなど、公的な基準はまったくの「空文」とみなす人が多い。

 杭州土木建築学会の陳旭偉副秘書長によると、1980年代から90年代にかけての建築には、大きな欠陥があった。

 新規のビル建築が猛烈な勢いで進んだため、建築基準の体系づくりが間に合わなかった。工事関係者の多くも、技術面の取得が間に合わなかった。技術も資金も不足した。建築コストを低減するために、鉄骨を減らしたり、セメントの材料を粗悪なものに変えたりした。「建築工事の水準が保障されるのは、極めて難しかったという。

 陳副秘書長は、入居側が建物の危険性を増大させている場合があるという。使い勝手をよくしようとして、勝手に壁を撤去するケースが珍しくないが「後になり建物が倒壊するリスクをセットしている」に等しいという。

 浙江省寧波奉化市で4日朝に発生した集合住宅倒壊では、5人が負傷し、1人が死亡した。建物は5階建てで、1994年4月に完成した。40世帯の入居ができる建物で、15世帯分に相当する建物西側の約半分が倒壊した。

 中国では1990年代後半ごろからは、「故意の手抜き工事」である「おから工程」の問題が深刻化した。それまでの建物の質の問題は、技術や経験のレベルや、深刻な資金難が原因だったが、公共事業などに資金が投入できるようになると、担当の官僚と工事業者が共謀して、建物の質を落として、「浮いた資金を山分け」といった腐敗現象が発生するようになった。

(編集担当:如月隼人)

サーチナ: 2014-04-07 18:17
http://news.searchina.net/id/1529149