2d21f675-s.jpg

1
:2014/01/23(木) 17:26:30.16 ID:
 2016年、君はどこにいるだろうか? 答えは1つしかない──

韓国・仁川に開園予定の世界初のロボット・テーマパーク「ロボットランド」だ。
サイボーグやアンドロイドたちに囲まれたアトラクションのほか、ロボット産業の育成施設も含むテーマパークになるという。

 ロボットランドは首都ソウルから西へ約30キロの港湾地区に建設され、総敷地面積は約75万平方メートル。ローラーコースターなどの各種アトラクションのほかロボット展示場や会議場、レストランやホテルなども併設される。

 ロボットランドのトレードマークとなるのが、韓国のアニメに登場するロボット「テコンV」の高さ111メートルにおよぶ巨大タワーだ。日本のお台場にあるガンダム像(18メートル)はもとより、ニューヨークの自由の女神(93メートル)より高い。

 ロボット産業の育成を目的とした、研究開発センターやロボット工学教育機関も完備される。つまり、ロボットランドに子供を遊びに連れて行って、間違って置き去りにしてきたとしても、立派なロボットエンジニアになって帰ってくるかもしれない! もちろん、人類を踏みつぶすのではなく、人類の役に立つロボットを発明してくれることを願う。
 
 ロボットランドの総工費は約6700億ウォン(約650億円)、政府と民間企業大学などが共同で拠出する。アトラクションや教育施設などは16年9月までにホテルやコンドミニアムなどは18年までに完成する予定だ。そして政府は2020年までに韓国の全世帯がロボットを1体ずつ所有するようになることを期待しているらしい。

 ちなみに、「ロボット」という言葉は1920年にチェコスロバキアの戯曲で造語として使われたのが始まりだとされる。その語源はチェコ語で強制労働を意味する「robota」だという。


source:NEWSWEEK http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/01/post-3163.php