1:2014/04/03(木)18:01:46 ID:
522bbbce.png 

平成26年3月27日JAXA H.Pより

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」は、環境省、(独)国立環境研究所(NIES)及び(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した、世界初かつ唯一の温室効果ガス観測専用の衛星です。二酸化炭素とメタンの濃度を宇宙から観測することを主目的としており、平成21年1月23日の打上げ以降、現在も順調に観測を続けています。
今般、メタン濃度の「いぶき」による観測データと、地上観測点における観測データとを用いて、平成21年6月から平成23年5月までの2年間について、全球の月別・地域別の正味のメタン収支(消失と放出の総量)を推定しました。

http://www.jaxa.jp/press/2014/03/20140327_ibuki_j.html

メタンは二酸化炭素に比べ、その温室効果が21~72倍あるとも言われているが今までは地上観測での測定結果をまとめたデータしか無かった。
この観測によりメタンは、昼と夜、季節によっても大きく変動することが分かっているが、そのため地球規模の統括した結果がなかなか得られなかった。
今回の『いぶき』による宇宙からの全地球面観測データを地上観測データに加味することによって、より詳しいデータが得られたとJAXAは言っているのだが、その結果は・・・・
>>2
へ続く