軍事 

1
:2014/04/02(水)18:44:49 ID:
駐韓米軍韓国人労組ゼネスト予告

駐韓米軍韓国人労組は2日、ソウル汝矣島(ヨイド)の韓国労総会館で懇談会を開いて「駐韓米軍の拒否で勤労条件改善のための調整が最終決裂するにつれゼネストを含んだ争議行為に突入する」と明らかにした。

労組は昨年1月から先月まで37回にかけた交渉にも駐韓米軍の立場に変化がないと去る2月20日中労委に争議調整を申し込んだ。

以後中労委が調停案を出したが駐韓米軍が拒否し、駐韓米軍地位協定(SOFA)規定により合同委員会に該当案件を回付しなければならないが駐韓米軍がこれさえ拒否して争議調整が最終決裂したというのが労組の主張だ。

労組は「韓国政府が毎年駐韓米軍に消費者物価上昇率を反映して防衛費分担金を引き上げる反面、駐韓米軍は韓国人勤労者に対して賃金凍結、一方的減員、時間制雇用への転換などを押し切っている」と批判した。

引き続き
▲防衛費分担金のうち人件費支援比率40%維持と雇用保障
▲最小物価引上げ率を反映した賃金引き上げ保障
▲駐韓米軍平沢(ピョンテク)移転にともなう韓国人勤労者移住支援
▲人件費透明性向上のための労使政協議体構成
などを要求した。

労組は争議行為賛否投票を経てバラク・オバマ アメリカ大統領の訪韓日程に合わせて来る21日を前後して全国規模の集会とゼネストを行う計画だ。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014040212175922100.htm