警察 犯罪 イメージ 

1
:2014/04/03(木)17:19:19 ID:
ソウルで前科16犯30代性/犯罪者電子足輪切って逃走

ソウルで30代性/犯罪者が電子足輪を傷つけて逃げて警察と保護観察所が追跡に入った。

3日、ソウル九老(クロ)警察署と南部保護観察所によれば去る2日午後7時頃、ソウル九老区(クログ)九老洞(クロドン)のあるアパート団地の花壇でチョン某(31)さんが自身の足に付着した電子足輪を切って逃げた。

警察が保護観察所の申告を受けて現場に到着した時チョン氏はすでに潜伏した後であり電子足輪とこれを切る時使ったはさみだけ発見された。

南部保護観察所で管理を受けていたチョン氏は特殊強姦罪などで懲役5年の服役をして2009年出所した後、遡及適用を受けて昨年8月から5年間の電子足輪付着命令を受けた。

2010年7月改正された電子足輪法によれば法施行前の性/犯罪者に対しても電子足輪付着を遡及適用することができる。

当時チョン氏は暴力行為など処罰に関する法律違反疑惑で拘束裁判を受けている間であり、今年2月に保釈で解放された後電子足輪を付着した。

チョン氏は特殊強姦を含む前科16犯だと知らされた。

チョン氏は身長180㎝、体重80㎏の体格に短髪で逃走当時長袖Tシャツにジーンズ姿で、歩く時足を引きずる特徴があると警察は伝えた。

警察はチョン氏が逃走したのを確認した後所在が把握されないので全国に手配令を下した状態だ。

警察関係者は「ずっと追跡中であり検挙し次第保護観察所に引き渡す予定」と話した。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014040314300921950.htm