イメージ 地図 

1
:2014/04/02(水)21:21:46 ID:
兵庫学生会による文化公演「希望の翼を広げて」が3月29日、神戸市立垂水勤労市民センターで行われた。2年ぶりの兵庫学生会公演は、今回で20回目を数える。この日は18人の学生会メンバーが舞台に上がり、神戸朝鮮高級学校の生徒たちも友情出演し、公演に花を添えた。会場にはメンバーの保護者をはじめ兵庫、大阪などから約200人の同胞、日本人が駆けつけた。

日本学校に学ぶ中高生たちが年間を通じて行ってきた学生会活動の集大成とも言える公演では、朝鮮の歌や舞踊、漫才、民族打楽器を使った演目などが披露された。

(中略)

文化公演実行委員長の徐正斗・朝青兵庫県本部委員長は、昨年12月から始まった練習を通じてメンバーたちは一歩一歩成長していったとしながら、学生会活動は、朝鮮人である自分としっかり向き合い、それを肯定する過程だと話した。そのうえで、日本学校に通いながらも民族の自覚と誇りを持って、在日朝鮮人としてしっかりと歩んでいける土台を、これかもともに築いていきたいと話した。

(後略)

http://chosonsinbo.com/jp/2014/04/il-243/