1:2016/02/26(金) 00:43:22.01 ID:
ce39b4d3.jpg 
 
929dfd60.jpg
▲大型'平和の少女像'
c9112187.jpg
▲彫刻家イ・ソンウン氏
e02835fa.jpg 
 
5dcb25f3.jpg  
 
dcd95576.jpg 
▲集会参加者

光州(クァンジュ)'平和の少女像'前で開かれた全国同時慰安婦交渉無効水曜集会に巨大な少女像風船が登場して耳目を集めた。少女像は去る2月3日、5.18民主広場で開かれた'韓日慰安婦合意全面無効化'を促す市民文化祭で公式に登場して以来二回目だ。

高さ6メートル、横2メートル30センチの防水皮で製作された大型少女像は強い風のせいで揺れたが、苛酷な天気に耐えて光州市庁前にそびえ立った。彫刻、設置美術家イ・ソンウン氏は一月の製作期間を通じて才能寄付で千万ウォン相当の大型少女像を製作した。

最後の水曜集会現場で会ったイ・ソンウン氏は「昨年、慰安婦合意文が出た時、怒りが沸き上がった。どうすれば芸術家のやり方で誤りを広報できるか悩んで製作することにした。先週から水曜集会に参加し、これから少女像がある全国30カ所余りを大型少女像と一緒に訪問する予定だ」と全国巡回計画を明らかにした。大型少女像は来る3月1日ソウル鍾路の日本大使館前の行事にも参加する予定だ。
 
光州市民社会団体は24日を最後に屈辱的な韓日慰安婦合意無効と韓半島平和実践のための全国同時水曜集会を終える。市民社会はこの日の記者会見を通じて「パク・クネ政権は'慰安婦合意'で戦犯国家日本に免罪符を与えてしまった。まだ二つの目をむいて日帝侵略者らの謝罪を要求している慰安婦ハルモニの手を離してしまい、旧韓末為政者のように列強の手を握った」と批判した。

また「周辺列強の韓半島に対する支配力強化と国内保守政権の永久執権のための屈辱的な'慰安婦合意'は全面白紙化されなければならない。周辺列強の尖鋭な利害関係、南北が分断された条件で我が民族が力を合わせなければ旧韓末と同じ悲劇が繰り返される他はない」と憂慮した。

彼らは▲屈辱的な慰安婦合意破棄▲開城(ケソン)工業団地閉鎖阻止▲サード(THAAD)配置阻止などを要求して市民の参加を訴えた。(後略:集会参加者の紹介等)

ソース:プレシアン(韓国語) 高さ6m大型'少女像'、光州(クァンジュ)水曜集会出席
http://www.pressian.com/news/article.html?no=133554