girl-147788_640_20160226025725674.png 
(イメージです。)


1
:2016/02/25(木) 08:07:11.18 ID:
<アンカー>
売春女性は普通、韓国ウォンで2500万ウォンを稼げるという誘惑を受けてアメリカに出て行きました。

引き続きパク・サンウク記者です。

<記者>
アメリカ連邦捜査局(FBI)とロサンゼルス警察が先月、6日間売春の取り締まりを行いました。

ロサンゼルス郡地域で逮捕された売春業事業主と売春女性などは198人。

地域の風俗店の関係者は、今回取り締まりで韓人(コリアン)が多く含まれていたと一気に萎縮しました。

売春女性は宿泊と月収2万ドル、韓国ウォンで2500万ウォンを保障するという誘いに乗って
アメリカに行きます。

<タクシー運転手/韓人売春斡旋役>
「1~2カ月働いていた。誰も知らない。(Q.どのようなビザでやって来るんですか?)そのままやって来る。3ヶ月ノービザだから」

売春をするとは思わずに来るケースもあります。

<アン・ヒョンミ(LA韓人家庭相談所カウンセラー)>
「他の職業の斡旋を受けて来たが、実際の仕事は人身売買や労働搾取とか・・・、(それによって)酒を暴飲したり、時によっては麻薬を使うケースもある・・・」

ある売春女性はダラスを経てロサンゼルスにやって来ました。

<性買収者>
「ロサンゼルス空港から入国するのが容易ではなく、ダラスから来るんです。来てからダラスで国内線に乗ってロサンゼルスに来れば入国しやすいから」

昨年からロサンゼルス空港で、若い韓人女性に対する審査を厳しく行ったからです。

売春組織が別の地域を注目した背景です。

先月シアトルではマンションに監禁されて、1日に12時間ずつ売春を強要された韓人女性12人が救出されました。

<ジョン・アーカート(シアトル・キング郡保安官>
「彼女たちは被害者でした。救出作戦を通じて彼女たちを悲惨な生活から救い、彼女たちの生活を取り戻してあげようと思いました」

ロサンゼルスとシアトル以外でも最近、ヒューストンやシカゴなど、アメリカ全域で売春営業を行った韓人が相次いで検挙されています。

パク・サンウクでした。

ソース:NAVER/JTBC TV (韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=437&aid=0000109652